接客業♂のドタバタ育児ブログ

イクメンと言うほどの事はしませんが、嫁にあまり怒られない程度は頑張っています。4歳の男の子と1歳の男の子がいます。

接客業♂のドタバタ育児ブログ

自分で見た物しか信じないのは時として残酷


f:id:yaoyanews:20161016135117p:plain


この絵は長男が入学してすぐに書いた物です。
近所のコミュニティセンターに張り出されました。

前日に幼稚園の先生から掲示物があると聞かされていて、どんなのかな?と見に行ったらこの絵が飾られていました。

普通なら「うちの子凄いでしょ!?」「流石俺の子!」と自慢したくなるのでしょうが、「本当にうちの子が1人で書いたのか?」と言うのが最初の感想でした。

素直に喜べない捻くれた性格

結局の所、長男が1人で書いたのか先生に手伝ってもらったのかは分かりません。聞くタイミングを逃してしまいました。
本当に1人で書いたのなら素晴らしいと思うし将来は絵描きか?とか親バカな妄想もしてしまうでしょう。
そもそも何故素直に喜べないかと言うと、自宅で書く絵が丸をぐるぐる書くだけとか+をたくさん書くのが家でのお絵描きだったので、1人で書いたのが信じ難い事になってしまいました。

長男に聞いたら1人で書いたと言っていたので、信じて喜んで頭なでなでしましたが、心の奥底で少し引っかかります。

最近はずいぶん絵も上達して、今なら普通に信じられるのですがね!



親バカでしょうか?

八百屋でした。