接客業♂のドタバタ育児ブログ

イクメンと言うほどの事はしませんが、嫁にあまり怒られない程度は頑張っています。4歳の男の子と1歳の男の子がいます。

接客業♂のドタバタ育児ブログ

子どもに「臨機応変に対応してね」と言っても理解できないのは当たり前の話。

ブログ名が育児ブログなのに、育児要素が少ないと思いつつ書きたい事を書いている八百屋です。

実は、幼稚園の年中さんになったタケ(長男)の行動についてママと話し合いをしました。考えをまとめる意味も込めて書き出していきたいと思います。

幼稚園での出来事

タケの通っている幼稚園は、終わって後も少しの間は園内が解放されています。ママさん同士しゃべっている間、子ども達は遊具で遊んだり走ったり好きな事をしています。

そんなとき、年長さんのお兄ちゃんが作っていた砂場の山が、目を離している間に壊されたらしく・・・。

誰が山壊したん?誰や!?

僕知ってるよ!〇〇くんと△△くんやで!

それ本当に!?

犯人は〇〇くんと△△くんやで!

犯人は〇〇くんと△△くんやで!

タケ!大きい声で何度も言わないの!

〇〇くんと△△くんが犯人や!

壊された子が摑みかかる勢いでその子らに怒って行くからママはケンカにならないか、子ども達が泣かないかヒヤヒヤしたそう。そんな状況で、どう立ち回れば良いのかタケに教えたかったようで・・・。

ウソをつくのはいけない事

ママとしては、ウソをついてほしくないけれど波風は立てないでほしい。そんなに何度も犯人や犯人やと言わないでと思ったそうです。きっとうちの子の一言でケンカになってほしくなかったんだと思います。色々どうするかママと話し合ったのですが、4歳や5歳の子どもには難しい話になりそうで、ちょっと困ってしまいます。空気読んでね、と言っても通じませんからね。

〇〇くんと遊んだらだめ!

幼稚園の年中さんでもう仲間はずれとかあるんですね。タケの口から「□□くんが〇〇くんと遊んだらダメって言うの」とか言われるとは思いませんでした。どこまで仲間外れになっているのかは分かりませんが、タケは気にせず遊びたい子と遊んで一人で遊びたいときは一人で遊んでいるようです。

ママが「先生に相談しようか?」と言ってきたので、軽く伝えといた方が良いんじゃない「うちの子が少し話してて、本当かどうかわかりませんが」の前置きは必要な事と、近くに他のママさんがいない時に先生と話したら?と言いました。

本当でも勘違いでも嘘でも先生の耳に入れておけば、先生が対処するかなと、相談することでママの気持ちも軽くなるかなと思います。

タケの今後

マンガやアニメの主人公のように誰からも愛される子に育ってほしいのですが、実際はどうなるでしょうか。ママは何かあるたびにタケに教えていく方針にしたいそうですが、私は大きくなりながら自分で考えろと言いたいです。

結論を子どもに押し付けるのではなく、子どもに考えさせて自分で決めるように。良い方にいけば良いんですが、悪いことを悪いと思っていなければきちんと納得させなくてはいけませんね。子育ては難しいです。

話を戻しますが、今回の件はタケにこう伝えました。

  • 犯人犯人と大きい声で何度も言わない

何度も言っていたら悪口と変わりませんよね。

  • 犯人じゃないかもしれない場合は言わない

あそこに居たからそうとか曖昧な理由で犯人にしたらいけない。どうやら、他の子が壊した後に自分も砂場で壊したらしい?

  • 自分の時も言う

自分が壊した時もきちんと言う。後から「僕も壊した」はダメですよね

こんな感じで話しました。どこまで納得してくれたのか分かりませんが、自分で美味しい目や痛い目を見ながら少しづつ成長していってほしいと思います。

八百屋でした。