接客業♂のドタバタ育児ブログ

イクメンと言うほどの事はしませんが、嫁にあまり怒られない程度は頑張っています。4歳の男の子と1歳の男の子がいます。

接客業♂のドタバタ育児ブログ

大人になって扁桃腺・アデノイドの除去手術をしました。手術後の状況や費用など説明します。

f:id:yaoyanews:20170615174444j:plain


平成29年5月22日に扁桃腺除去・アデノイド除去手術を行い、約3ヶ月が経ちました。このブログで経過をそれぞれ記事にしていましたが、整理して一つにまとめたいと思います。
病名:慢性扁桃炎
手術:扁桃摘出術


入院する経緯

私は人より扁桃腺が大きいらしく、すぐ扁桃腺が腫れて扁桃腺炎になります。そうなると、喉が痛い、高熱が出るなどの症状になり、会社を休まなければなりませんでした。
そんな時、かかりつけの耳鼻咽喉科の先生が「こんなに頻繁に腫れるのなら、扁桃腺取っちゃえばいいのに」の一言から手術をする事を決意し、手術予定の病院に紹介状を書いてもらいました。


www.childcareblog.net
www.childcareblog.net


その時に禁煙を言い渡されたのと、いびきがうるさいんだけど扁桃腺取ったらいびきも小さくなる?と聞いてみました。先生がおもむろにカメラを使って鼻の奥を見てみると、「アデノイド肥大」と言って、アデノイドが大きいまま?なので、呼吸困難や鼻づまり、いびきの原因になるそうです。「ついでにアデノイドも取ろうか」と言われたので、ついでにお願いしますと答えました。

術前検査とか、手術日決めたりで入院までに3回ほど通院しました。風邪を引いてしまい、肝数値が高くなるアクシデントもありましたがw

入院~手術

会社に事情を説明し、休みをもらって入院・手術をすることに。入院の準備をしながらネットで色々調べたり同じ手術を行った友人に聞いてみたり情報収集をしていました。


www.childcareblog.net
www.childcareblog.net


手術は全身麻酔で行いました。2時間程度で終了したので、尿カテーテル(排尿用の管を通す)は使用しませんでした。手術前に、何かあって手術時間が伸びれば尿カテーテルを使用する。と言われてましたので・・・正直、尿カテーテルは嫌だなぁと思っていたので使用されなくて良かったです。


手術後~退院

喉が痛くてプリンしか食べれない日が続きます。病院食も少し食べれますが、食べれる日と食べれない日があります。


www.childcareblog.net
www.childcareblog.net
www.childcareblog.net


入院中は喉以外元気だし、あまり動かないのでヒマですw
ポケットwifiを契約して、パソコン持ち込んでブログ書いたりkindle読んだりしてました。


f:id:yaoyanews:20170824214411j:plain


これが入院中に私が記入していた体調表です。
体温・食事・便回数・体重です。尿回数は記入していません。
下にはみ出して書いているのが血圧です。

振り返って見てみると、入院して3k痩せてるのね。あ、今は69.5kなので、退院後2kほど痩せてますね。

実は入院前に「食べ納め」で暴飲暴食した記憶ががが。


退院後~3ヶ月後

最初は喉も痛いし、食べれる物が増えるだけでうれしいのですが、ふと「味がおかしい?」という事に気が付きます。扁桃腺手術の後遺症で味覚障害になる人が多いみたいです。回復するらしいのですが、回復までの期間が人によってバラバラ。味覚障害が無い人から、味覚が戻るまで2年近くかかる人もいるようです。
ちなみに私は3ヶ月経った今でも絶賛味覚障害中です!
どうやら、味の「コク」が感じにくくなっているようです。醤油ラーメンとかあんまり味がしない。焼き肉のタレも物足りません。

www.childcareblog.net


同じ手術をした友人も、味覚障害あるようです。しかも、手術後は炭酸があまりシュワシュワならなくなったみたいで、一気飲みが出来るようになったらしい。私は炭酸はきついし美味しくないです。ビールも美味しくない・・・。


手術費用・生命保険


f:id:yaoyanews:20170601221302j:plain


退院した時に支払った金額です。(入院部屋は大部屋ではなく個室)クレジットカードで支払いができる病院もありますので、クレカ決済してポイント貯めちゃいましょう。
そのほか入院準備費や通院費が別にあるのですが、総額15万くらいかなと思います。

生命保険は、私の場合入院日額1万円。手術費20倍。通院5日固定という計算でしたので、34万円下りました。やったー!


扁桃腺・アデノイド除去手術はおすすめ?

まだ3ヶ月ですが、もし、扁桃腺炎に苦しんでいて、手術をするかどうか迷っている人がいるとすればこう言いたいです。

味覚障害だけがリスク!

この味覚障害が治ったら、扁桃腺除去手術やってよかったなって思えるかな。いつまでかかるのか分からないから不安ですけどね。

でも、扁桃腺手術を行って、こうやってブログネタになるなーって思うのが一番のメリットかもしれません。

八百屋でした。